« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月

ソープで捨てた想い出の童貞

 童貞を卒業したときに思い起こされるのは、オマンコの感触とか、おっぱいの揉み心地とかよりも、「今自分はこの女を征服している」という感慨ではないでしょうか。女子は初体験初挿入のときには、痛かったり、うまく入らなかったりするので、そっちのほうが記憶鮮明ですが、童貞卒業
にはそういったことよりも、緊張感が先に立ちますね。ボクが童貞を卒業したときのことを振り返りながら、どうやって童貞を卒業するか考えてみたいと思います。

童貞

童貞を卒業したのは、こんな感じでした。ソープです。

  • 部屋に入ると、
    「今日は寒いね~」とか、日常の会話しながら部屋に入りました。
    とりあえず初めてなので、
    「僕、ソープランドって初めてなんですよー」
    って言ったら、
    「ふ~~ん、ヘルスとかも行ったことないの?」
    と聞かれたので
    「ないんですよー、今日はいろいろ教えてくださいよ」
    って言ったら、笑顔で返されました。

    漏れは適当にゆっくりスーツの上着を脱いだりしていると、
    女の子が脱ぎ始めました。
    漏れの目の前に女性のおしりがあり、ぷるんぷるんしてるではないですかー
    さらに脱ぐと、おっぱいが、、、(^^)
    そして、下腹部をみると・・・・パイパンではありませんかー
    もう、それだけで感動です。
    漏れも全部脱ぐと、スケベ椅子に案内されました。
    漏れの股間を洗ってる時、くすぐったくて思わず「きゃっ」とか
    変な声だしてしまい、嬢に笑われました。



  • 洗い終わったあと、風呂を準備してくれて、風呂で歯磨きしました。
    その間、嬢はマットの準備をしてました。
    マットの準備が終わった後、嬢は自分の体を洗ってました。
    体洗うの長いなぁ、と思いつつも、初めてなもんで言いにくく、
    呼ばれるのを待っていました。
    10分くらい風呂で待ってたんですがなかなか呼んでもらなかったので、漏れは
    「準備OKですか~?」
    と聞いたら、OKらしく向こうが呼ばれるのを待ってたみたいでした。

    さっそくマットです。何をするのか全然わからなかったんですが、
    嬢の指示通りうつ伏せになって寝ました。
    漏れの背中にローションを塗って、嬢の胸で背中をマッサージして
    もらいました。
    次に、仰向けになって息子もマッサージしてもらいました。
    漏れは嬢に「キスしてもいいですか~?」って言ったら、
    嬢がキスしてくれました。嬢の方から舌も入れてきました。
    キスが終わったので、漏れは「おっぱいさわってもいいですか~?」
    って言ったらおっぱいを差し出して、揉ませてくれました。
    #嬢は、漏れがいちいち「○○してもいいですか~?」って聞くことに対して
    #すこし拍子抜けしてたように見えました。しかも敬語だし。
    おっぱい揉むのをやめしばらくすると、嬢がシャワーで漏れの体を洗い流し、
    タオルで体を拭いてもらいました。
    #後で先輩に言われたんですが、マットでそのまま本番するのが普通だそうです
ま、こんなもんです。(笑)でもソープで童貞を捨てても、まだ完全に捨てたことにはなりません。完全童貞からシロート童貞に格上げになっただけですね。さあ頑張りましょう

| | コメント (0) | トラックバック (0)

純愛童貞は美しい

童貞が軽んじられるようになったのはいつ頃からなんでしょう。大昔は童貞を守ることは男女の神聖なつとめでした。でも、日本では村落共同体の中で、乱交に近いセックスをしていたので、童貞・非童貞の区別はあいまいでした。なにしろ夜這いにいって片っ端からチンポ突っ込んでいたんですから。ヨーロッパの純潔賛美が輸入されてから、童貞は守って良いのか早く捨てた方がよいのかわからないようになったんですね。と小難しい話はさておいて、童貞を卒業する方法を考えてみましょう。

童貞

童貞は恥ずかしいことではありません。女性に対してちょっと扱い方が体に染みついていないだけなんです。そもそもヤリチン野郎だって、女性の扱いには慣れていない人がいっぱいいますよ。典型的な例を挙げましょう。

その方達との会話の中で「彼女がいない」という話をすると、
「君はちゃんと付き合いたい人なの?」とか「今遊ばないと後悔するよ」等色々言われます。
自分としては周りから見た目的にそういうように見られてしまっているらしく、
だからこそ恋愛には一途に...というのが自分の売りだったのですが、最近意味ないんだって思います。
僕自身、実際女性と付き合ったこともない、女性から見たら魅力のない男です。
逆に↑の男性の女性版(言い方良くないですね)のような方々からからかわれることは多いです。

確かに遊んでいる男性はフットワーク軽くて魅力的であると思います。
女性に受け入れられ続けることで自信に満ち溢れた表情をしているように感じます。
どう見ても危なっかしそう、でも...という気持ちも分からなくはありません。
やっぱり「優しそうで優しい」男性より「危なそうで優しい」という付加価値があるのだと思います。

女性経験を積んだ魅力的な男性でないと男の魅力はありませんか?
突出した武器がないなら経験値を上げ続けない限り、好きな相手とは一生付き合えないのだと最近確信してます。
「優しそう」や「怒らなそう」とか言われてもそんなのは当たり前のことだから意味がないとやっと気づきました。
先日も「本気じゃなきゃ付き合いたくないんですよ」という話をしたら「若いね~むしろ天然記念物だよ」的なことを言われ、自分には覚悟が足らないのかと思いました。
そう、本気なんです。童貞は、本気で恋愛したいだけなんです。その本気がチンポでうまく表現できないまま、月日がたってしまっているだけなんです。本気の恋愛、本気の恋心はヤリマン女には通じなくても、清い女性には必ず通じます。頑張りましょう。

こんなブログも参考にしてくださいね

運命の出会いを求めて
人妻と仲良しになってハッピーライフ 
星の音色に耳を澄ませて

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »